銭日記~ZENIKKI~

お金の事や詐欺に騙されない為の知識、amazon等に関して役立つ事を書いていきます

「簡単に誰でも稼げる」は嘘。騙されない為に抑えるべきポイントを解説します。

誰にでも簡単に稼げる、は嘘です。その理由を解説します。



 

こんにちは、ふくろうです♪

 

 今回は

「簡単に」と「誰にでも稼げる」が両立しえない理由

について書いていきたいと思います

 

 

検索すればすぐに出てくる簡単に誰でも稼げる系の記事

試しに検索したらずらっと出てきました

f:id:fu-kurou:20190406131245j:plain

 

みんな楽に稼ぎたいんですねぇ・・

 

楽に稼ぐためには「誰でもできる」ビジネスでは無理

 

 

 

楽に稼げるってことは

競争相手がいない。市場を独占できる。

 

ってことです

誰かとの競争は楽ではないですからねぇ・・

 

参入障壁っていう言葉を知っていますでしょうか?

 

 

kotobank.jp

 

ざっくりというと

新たに市場に参入する場合に障害となる要因のことです

 

設備、流通経路、資金などがあります

 

お金を確実に儲けることが出来るビジネスは

 

それが無いと困る人が沢山いるビジネスです

 

水道、ガス、電気などのライフライン・インフラの

仕事なんてのは

 

始めることが出来れば楽に長く稼げます

 

ただし

 

参入するまでの壁がものすごく高く

=参入障壁が高い

(設備面・資金力・人員の確保等)

 

誰でも稼ぐ土台に立てるわけではありません

 

誰でも稼げる=誰でも参加できる 競争は避けられない

 

仮に誰でも簡単に参入出来て

かつ儲かるビジネスモデルがあれば瞬く間に広まります

 

瞬く間に広まるという事は瞬く間に競争相手が増えるということなので

簡単に稼げなくなります

 

当たりまえの話です

 

なのでネットで検索して簡単に発見できて

しまうビジネスというものは

 

儲かる可能性が低いという事です

 

では、「簡単に誰でも稼げるビジネス」で誰が一番儲かるのでしょうか?

 

結論から申し上げると

 

一番儲かるのはサービス提供側となります

 

 

誰でも儲かる

損しないだから、皆さん始めましょう♪

でも、初期費用~円かかります

 

そういうやつですね

投資用マンションや金融セミナー、マルチ商法の

説明会に無料で参加できるのは

その後、サービス販売側が儲かるからです

 

アメリカのゴールドラッシュで儲かったのは道具のレンタル屋さん

 

ゴールドラッシュというものが1848年くらいにありました

 

kotobank.jp

 

 

金鉱を掘り当てる為に沢山の人々が

鉱山に訪れたアレです

 

確かに金鉱を掘り当てられた人はいましたが

それは全体からしたら一部の人です。

 

まぁ、これも「誰でも」「簡単に」始めることができますね

 

ただ、金鉱を掘る為にはつるはし等の道具も必要ですし

身体を休める為に宿も必要ですね

 

人が集まれば集まるほど

それらのサービス提供側は儲かるわけです

 

なら、宣伝せずにはいられませんよね

 

「誰でも簡単に儲かるビジネスがあるよ」って

 

昔と比べて宣伝費用は劇的に下がった

 

昔の宣伝の媒体が

新聞やテレビ、町中の広告などしかなかった

時代にくらべて

 

今はインターネットの登場により

より低コストで多くの人に宣伝する事が可能になりました

 

ネットで広告を出す事に加え

SNSで広める

有名人にブログで「これはいいもの」と宣伝してもらう

有名Youtuberに依頼して宣伝してもらう

 

等の方法もあります

 

いずれにせよ、TV CM等にくらべ低コストで宣伝できます

 

まとめ

 

簡単に誰でも稼げるビジネスが本当にあれば

人にセールスする必要なんてない

 

身内だけで稼ぎ続けていけばいいものを

他人を勧誘するというコストを払ってまで行うのは

 

運営元が儲けたいからです

 

お金の流れを考えるようになれば

変なビジネスに貴重な時間とお金を支払うことも

なくなると思います

 

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです♪