銭日記~ZENIKKI~

お金の事や詐欺に騙されない為の知識、amazon等に関して役立つ事を書いていきます

ペイオフ制度(預金保険)日本と他国の比較してみました

f:id:fu-kurou:20190327204834j:plain

おばんです!ふくろうです

 

本日はペイオフ(預金保険)制度について書いていきたいと思います

 

 

おさらい:ペイオフ制度とは

ペイオフ制度概要

預金保険制度は、万が一金融機関が破綻した場合に、預金者等の保護や資金決済の履行の確保を図ることによって、信用秩序を維持することを目的としています。

1つの金融機関ごとに合算され、元本1,000万円までと破綻日までの利息等が保護されます。

それを超える部分は、破綻した金融機関の残余財産の状況に応じて支払われるため、一部支払われない可能性があります。

引用:金融庁HP

 

これは日本のペイオフの内容になります

 

ざっくりまとめると

 

銀行が破綻した場合でも

1つの銀行口座につき1000万円+利息まで保護される

 

それ以上の金額に関しては返ってくるかどうかはその銀行次第

 

と、いうことです

 

アメリカの場合

 

連邦預金保険公社 - Wikipedia

 連邦預金保険公社

Federal Deposit Insurance Corporation

略してFDIC

 

このFDICに加盟する銀行については

破綻した場合には、その預金者一人あたり10万米ドル(約1100万円)

 まで保護されます

 

このFDICに加盟しているかどうかは

FDICのサイトにて確認できます

 もちろん英語ですがGoogleの翻訳機能をお使い下さい

 

以下参考までに”ここをクリックしたら翻訳されるよ”

f:id:fu-kurou:20190327211656j:plain

 

中国の場合

 

50万元(約800万円 1元=16円で計算)

まで保護されるようです

出典:データソース 

中国版ペイオフは上限50万人民元、5月1日より施行‏ | 香港BSニュース

 

 

韓国の場合

韓国預金保険公社により

1人5000万ウォンまで保護されるようです

1ウォン=0.097円として

約485万円

 

http://www.kdic.or.kr/main.do 出典:韓国預金保険公社

 

 

 

欧州はEUで統一して10万ユーロ(約1200万円)

までの預金保険制度を作ろうとしているみたいですが

ドイツなどの反対によりまだ出来ていないようです

 

他の国も調べてしましたが

中々探す事ができませんでした><

また、わかったら記事を書こうとおもっています

 

今回の記事が皆様にとって

少しでもお役に立てれば幸いです♪