銭日記~ZENIKKI~

お金の事や詐欺に騙されない為の知識、amazon等に関して役立つ事を書いていきます

リゾネット 儲かる ? 説明会体験談~会員の支払うお金について解説します

f:id:fu-kurou:20190313233110p:plain


おばんです!ふくろうです

 

 

友人に誘われてリゾネットの説明会にいってきました

 

表題の件について

 友人に誘われてマルチ商法の説明会に行ってきました。

 

 この友人さん、持ってくる話

持ってくる話、全て胡散臭い。

 

マルチ商法のお誘い

私募ファンド投資のお話

割高ワンルームマンションのお話

 

 あれ?

 この人

 

ほんとに友人なのか?

と最近おもいだした私です

 

で、行ってきたわけですよ。

 

リゾネットの事業説明会。

 

リソネットとは

resonet.jp

 

 

 

リゾネットは

「旅行」を商材にしたマルチ商法を行っている会社です。

 

マルチ商法 - Wikipedia

 

とは商品が個人間の紹介で広がっていくビジネスモデルですね。

 

アムウェイとかミキプルーンが有名

 

 

マルチ商法・・・

 

ってだけでアレルギーがでる人もいるのしょうが

 

 私は別に否定も肯定もしないです。

 

あ、ごめん、嘘ついた

やっぱ否定的だわ

 

 

だって

人間関係悪くするし

そこでしか絶対に買えないお得な

商品とか

聞いたことないし

 

要は

 

儲けにくい

 

もっというと

「コスパが悪い」

 

リソネットの売り物はリゾート施設会員権である

   

この会社は何を売るか?

っていうことなんですが

 

 売るのは「格安旅行サービス」(会員権)となります。

 

 

私は契約していないので詳細は知らされていませんが

 もらったパンフレットによると

 

比較的安く泊まれるみたいで、これは嘘ではないみたいです

 

例えば

鹿児島サンロイヤルホテル 

1泊朝食付き3名1室 6400円~

↑これがリゾネット価格

 

一室あたり何円っていうふうに

なるのがポイント

 

ちにみに楽天トラベルと比較すると・・

f:id:winwin521:20190109192155j:plain

 

1人あたり6,760円

 つまり・・

 

 

リゾネットは複数人で行けばお得。

 1人なら変わらない。

 

1人旅行するならお得にはならない

 

 

そして残念なことに

赤字を出す可能性もあるのです

 

会員権の維持には月々コストがかかる

 

なぜなら・・

リゾネットは月会費を払う必要があるから。

 

 

 リゾネットのコストは・・・

入会金                              115,560円 

月会費                                13,500円

登録費                                 27000円

 初年度のみ入会金、登録費が発生する。

 

仮に1年続けた際のコストは

 

月会費                 13500円 

会費1年で         162,000円

登録費等           142,560円

                  合計304,560円

 

 

これを安いとみるか高いとみるか。

 各々の旅行へ行く頻度、旅行友達の有無

これによるとおもいます

 

とりあえず、ぼっちは不利なんだぜ…

というか入会するメリットがないです

 

365日好きな時に宿が取れるわけではない

 

ちなみにですが

365日好きな時に行けるわけではありません

 

多くの人が休みであろう土日祝日は

会員同士で取り合いになります

 

3/31 追記:2019年3月29日 業務の一部停止命令を受けました

理由:会員に説明したより実際の宿の数が少なかった疑惑

www.zenikki.com

 

 

目当ての部屋があっても他の会員が予約してると当然

その部屋は使えないです

 

 

これは国内、海外の旅行でも同じ。

人気の宿は抽選です

 

いつでも休める

 元が取れる!って思う方は参加してもいいかもしれません

 

新しく人を勧誘するとお金も貰えるらしいし

 

 

これをもってリゾネットは

「旅行を仕事にしよう」

って推してくる訳ですな

 

 

ちなみに彼らの入会までの持って行き方はこの

記事で書いてますので、興味のある方は読んでみてください♪

www.zenikki.com

 

 マルチ商法は国によって規制されている

 

また、販売側になった場合の注意点として

 

マルチ商法は

法律で厳重に規制されています。

 

一つ例をあげるなら

 

勧誘時に自分たちがマルチ商法の勧誘を

行うことを説明しないといけない。

 

一度断られた人に対して再勧誘は禁止とする。

 

とかですね

 

これがないと契約が無効になるどころか

証拠をつかまれた場合、業務停止命令もあり得ます

 

非常にリスクフル

 

 

その話はまた別の回にて書かせていただく予定です。

 

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです♪